AKB卒業に思う。あなたは企業を「卒業」してピンでやっていける?

AKBのメンバーの名前は未だに5人ぐらいしかわからないけど、
ついついおもしろいので総選挙を見ていた。
きっと誰かが卒業とか、サプライズの1つや2つ、用意しているんだろうなと。

そしたら篠田麻里子さんが卒業を発表した。
それを見て思ったこと。
「この人はAKBやめても、ピンで十分やっていけるだろうな」
「でも他の人はどうなんだろうな?」ということだった。

AKBのようなアイドルグループとか、アーティストのグループとかって、
グループのメンバーとしては成功できるけど、
ピンになると成功できる人、できない人に分かれてしまう。
どちらかといえばピンになると、
人気も仕事も激減してしまう人の方が多いような気がする。

でもそれって会社員にもいえること。
大企業勤務だからやっていける。
誰もが知っているチェーン店に勤めているからやっていける。
でもその会社辞めて、あなたに何ができるのか。自分でビジネスできるのか。
そのキャリアを活かして、いい転職ができるのかというと、
多くの人は「?」マークがつくはずだ。

だからこそ多くの人は、未だに大企業就職にこだわり、
右肩下がりだろうが必死にしがみつき、
そこがブラック企業と噂されていようが、
就職したいと思う人もたくさんいて、
実際に入社してブラックだったとしても辞められない。
なぜならそこを「卒業」してピンでやっていけないからだ。

ただご存知のように、
大企業だろうがブラックだろうがホワイトだろうが、
10年後、20年後に今、勤めている企業があるかもわからない、
先行き不透明な不安定な時代なわけです。
ならば組織にいる間に、会社が潰れようとも、会社からリストラされようとも、
他に移って仕事ができる技術なり、独立して仕事ができる技術なりを、
しっかり身に付けておかなくてはいけない。

でも多くの人は大企業という名の「AKB」に入ることで満足しちゃってる。
しかも何人もメンバーがいるから、自分だけさぼってもバレないと思っている。
何年後かに潰れてなくなってしまうかもしれないけど、
他に行くあてがないから、そこでひたすら辛抱してる。
そういう「寄らば大樹の陰の人」が多いから、ますます労働効率は落ちる。

そう考えるとAKBってすごい。
入ったところでそれで終わりではない。
全国放送で自分の人気を順位にしてさらされるわけだ。
がんばらなければ順位にはねかえってくる。
シビアに競争にさらされる。

しかも大企業のように上司に気に入られたとか、
社内政治で順位が決まるわけじゃない。
対顧客の指名数で順位が決められるわけだ。
大企業の昇進のように、
決して顧客のためになっていることをしていない人でも、
社内政治にたけていたりしている人が昇進してしまう。
でもそんな組織って腐っていくに決まっている。

そういえば今、原発マネーにたぶらかされず、
原発計画を阻止した町を取材しているのだが、そこの町の人たちは、
「原発がなくても自分で稼げるからそんな危険なものはいらない」と、
きっぱり断ることができた。
しかし自分で稼げる自信がない人や町が、
危険にもかかわらず原発マネーにたぶらかされる。
ようは自立しているか、していないかがポイントなのだ。

これからAKBでは卒業生が何人も出てくるだろう。
卒業生で引き続き芸能界で活躍できる人はどのぐらいいるだろうか?

で、あなたは会社を辞めても、自分の力で食べていける?
ピンでやっていける?

自分の力がシビアに問われる時代になっているはずなのだが、
意外と大企業病に犯されて、入ったことだけで満足していたり、
ブランドのおかげで仕事ができていると錯覚している人が多いように思う。

これから仕事選び、会社選びをするなら、
自分の実力が身に付くものを選んだ方がいい。
また職場でそれが無理なら、
ブログを中心としたネットを使って、セルフブランディングをしていき、
パラレルキャリアを構築していくことが何より大事だと思う。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

by kasakoblog | 2013-06-10 12:22 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog