人気ブログランキング | 話題のタグを見る

障害者=いいひとにうんざり~聴覚障害者からのメール

「障害者=いいひと」この図式をもうやめませんか――。
現代のベートーヴェン詐欺・佐村河内守氏事件について、聴覚障害を持つ方から私にメールがきた。
聴覚障害を持つ方がこの件についてどんな意見を持っているのか、
参考になると思いましたので、メールいただいた方の了解を得て、メール文面を紹介します。

・・・メール文面・・・
かさこさんにメールをしたくなったのは、現在騒ぎになっている「全聾の作曲家」の問題です。
実は私、この作曲家と同じ聴覚障害も持っており、障害者手帳も2級、
つまり「補聴器を装用しても聴こえない聾者」という枠にいる者です。
実際に補聴器をつけても、健聴者のおそらく30%ぐらいしか聞こえていないと思います。

ただ、それでもなんとか会話は成立しています。
読唇という方法で、相手の口の動きと顔全体を見て、
だいたいの言っていることを掴み、補聴器から入るわずかな音声を聞き取り、
日常生活にはほとんど不便を感じていません。

また、発音は明瞭で、おそらくほとんどの人は私の話している言葉、発音を聞いても、
耳の聞こえない人とは気づかないと思います。
実際に、どこへ行っても「本当に聞こえないの?」「全く普通の人に見えるけど」
(この「普通」というのが引っかかりますが、これはもう置いておきます)
と、いつも言われ、聞こえているんじゃないの?
本当に電話出来ないの?と何年言われ続けていることか。
どんなに親しくしている人でも、
会話の途中で私が聞こえないことを忘れてしまうことも度々、という状態です。

聴覚障害というのは、目で確認出来る障害ではないことと、
聴覚障害はとても複雑であり、人によってまちまちに聴こえたり聴こえなかったり。
けれども、私がかさこさんにお伝えしたいのは、その聴覚障害に対する云々ではありません。
それよりも、世間が考える「障害者」に対してです。

「障害者=いいひと」この図式をもうやめませんか、と思うのです。
障害を持っているのにこんなに頑張っている、
勇気をくれる、気づかされた、私はもううんざりしているのです。
もう30年も昔、「愛は地球を救う」の番組で、
聴覚障害者が主人公のドラマが放映されると聞いたとき、同じ障害を持つ友人と一緒に、
あのお涙ちょうだいのドラマ、うんざりだよね、と話していました。

その後、いくつかのドラマで聴覚障害の主人公が回りの健聴者の心を救う、
みたいなものが流行り、手話が流行り、
そのおかげで聴覚障害への偏見はいくぶん薄れ、
手話も少しは市民権を得たようなところがありましたが、
結局はいつでも障害者は心のきれいな人で、努力家で、
私たち健常な人間は見習わなければならないのですよ、な美化された風潮ばかりとなり、
結局はこの作曲家も障害を持ちながらも、
こんなに美しい曲を作る「スゴい人」に出来上がってしまったわけですよね。
もし、彼が聴覚障害者ではなかったら、
その曲はこれほどまでに評価されていたのか、そのあたりは私にわかりませんが。

障害者を美化した世間にも問題があるのではないですか。
そういう期待をするから、こんな問題が起きてしまった、
ただそれだけのことだと私は思うのです。
もちろん、努力を重ね人々の鑑になるような障害者のかたもたくさんいます。
ただ必要以上に障害者に期待するべきではない、
それこそ差別だ、と私は思っています。
健常者と障害者の差別を無くそう、というのも無理な話です。
そんなことを大大的に言うから差別が生まれるわけで。

追記
まぁもし、佐村河内氏が完全に聞こえる健聴者で、
わざと聴こえないフリをしてそれを売りにしていたのであれば、
それはそれでまた、聴覚障害者を愚弄しているのということになりますよね。
私は決して佐村河内氏を庇護しているつもりはありませんので。

聴覚障害者の方からの追記(2/16)

多くのご意見を頂き、ありがとうございます。
「障害者=いいひと」という言葉を使った点、
少し言葉足らずだったかな、と思っています。
既に私の言いたいことの趣旨を受け止めて下さっている方も多くいらっしゃいますが、
もう一度説明させて頂きます。

「いいひと」というのは、一般的に言う「人が好い」的な意味ではなく、
ひとつには「頑張っている人」と見られがちなこと。
自分の不自由さを補うために、どうしても手間をかけなければならないことをしているだけで、
「頑張っている」「立派だ」と言われることに、
どうしてそんなに騒がれるのだろう、ということです。

二つ目に、障害者に対して過剰な感動を求めること。
これは、マスコミが作り上げたものではあると思います。
けれども、それを求める人がいるから、マスコミもこういう報道やドラマを流す、
私はそういった視点から、あえて「世間」という言葉を使わせて頂きました。
(本当に求められているのというのも、正直疑問ですが)

ドラマや報道そのものがダメだとは言い切りません。
自分を重ねて、そこから勇気も得る人もいるし、理解への道が拓ける方もいると思います。
ただ、そのような「感動」ばかりが独り歩きしていることに、疑問を感じているのです。
今回の佐村河内氏の問題も、根底はそこなのではないのかな?ということです。

・・・(引用終わり)・・・

障害者との接し方についての参考意見になれば幸いです。

・現代のベートーベン詐欺に見るセルフブランディング術~売れるかどうかは作品よりプロフィール
http://kasakoblog.exblog.jp/21655954/

・「好きを仕事にする」ブログ術&セルフブランディング術講義開講!
2月18日より全4回。20人限定。現在11人参加予定
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

by kasakoblog | 2014-02-13 22:22 | マスコミ

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog