人気ブログランキング | 話題のタグを見る

目からウロコ!仕事の作業時間をストップウォッチで測れ!

これはすごいノウハウ。
書類作りであろうが打ち合わせであろうが会議であろうが、
仕事の作業時間はストップウォッチで測れとは!

先日ビジネス雑誌「THE21/2014年5月号」の取材で、
ベストセラー本を連発している齋藤孝氏にインタビューしたのだが、
仕事を集中して早く終わらせるためのコツとして聞いたのが、
ストップウォッチで時間を測る話だった。

工場とかならともかく、デスクワーク的な仕事で、
いちいちストップウォッチを使って測るなんて……と思っていた。

でも実際に齋藤氏は取材が始まるとストップウォッチのスイッチを押した。
時間は30分。
この手のインタビューは最低でも1時間とることが多いので、
ライターの立場からすると30分しか聞けないのはかなり不安。
30分の話で誌面をうめるだけの記事が書けるだろうか?との懸念があるからだ。

しかし見事という他ない。
用意してきた質問に的確に答えていき、でも早口にはならず、
実に中身の濃い内容を回答いただき、ちょうど30分でインタビューを終えた。

もしこれが1時間だったら、時間的余裕があるために、
ダラダラ関係のない雑談をしてしまったりする可能性がある。
時間を区切り、かつストップウォッチを押すことで、逆に中身の濃い話になったのだ。
それでいて時間は30分で終わるのだから、
取材時間1時間に比べて、30分、他の仕事に使える時間が生まれる。

この辺のノウハウや考え方については、
「THE21/2014年5月号」の齋藤氏の記事を読んでいただければと思うのだが、
この話を聞いて私も実際にやってみることにした。

いや、すごい効果です。
例えば原稿を書く時間を計測してみようとストップウォッチを押す。
すると途中で無駄な作業をしなくなるんです。

ついつい仕事の合間にツイッターやフェイスブックを見てしまったりとか、
ニュース記事を見てしまったりとか、他のことをしてしまいがち。
でもずっと時間が計測されていて、時間がどんどん過ぎていくのがわかるので、
無駄なことをしていた自分に早く気づき、「仕事に集中しなきゃ!」と思えるんです。

またあらかじめ「この仕事は20分で終わらせる」みたいに目安を決めておくことが大事。
どんどん残り時間が少なくなっていくのがわかり、
途中でちらっと時間経過を見ると「やば!もう10分過ぎてしまった」
と気づくことができ、残りの時間、ぐっと集中できるようになる。
またペース配分を考えられるようになり、
「10分時点で半分終わっているから、このままのペースで大丈夫」といったこともわかる。

何もストップウォッチではなく「9時半までに終わらせる」
みたいなことでもいいのではないかと思うが、
ストップウォッチで経過時間がはっきり数字で、目に見えてわかるというのが重要。

ストップウォッチを使う効果は、
1:無駄な作業をしなくなる。
2:集中力が増す。
3:作業時間が数字で把握できるので、今後同種の作業をする際の目安になる。
などが挙げられる。

ぜひみなさんも騙されたと思って、毎回作業時間を測ってみてください。
時間を意識すれば仕事が早くなる。
早くなって雑にならないかと心配する人もいるかもしれないが、
むしろダラダラやる方が雑になりがちで、
限られた時間の中で集中した方が、むしろ質も上がるはず。

それにしても最近つくづく思うのは、
仕事の遅い人に仕事ができる人はほとんどいないということと、
仕事が早い人ほど仕事ができるということだ。
ストップウォッチを使うことで、いかに自分が無駄な時間を使っていたかがわかるだろう。

※詳しくは「THE21/2014年5月号」を。

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon

by kasakoblog | 2014-04-12 09:53 | 仕事術

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog