人気ブログランキング |

次の選挙で最も重要なのは裁判官審査!政治の暴走を許す職務怠慢裁判官にバツ印を!

次の選挙で最も重要なのは裁判官審査!政治の暴走を許す職務怠慢裁判官にバツ印を!_e0171573_19105753.jpg

※一人一票実現国民会議HPより画像転載

次の選挙で最も重要なのは、最高裁判所裁判官に対する国民審査。
はっきりいって、どの政治家やどの政党に投票するかよりも重要だ。
なぜなら裁判官の国民審査の結果によっては、
もしかしたら次回の衆議院選挙は無効・やり直しになる可能性もあるからだ。

政治家・政党選びだけでなく、14日に行われる投票日には、
ぜひ政治の暴走を許した職務怠慢裁判官である、
山崎、池上に×印をつけ、
憲法違反を容認する腐った最高裁にノーを突きつけるべきだ。
国民がバカでないことを示す重要な投票だ。
※一人一票実現国民会議では、木内氏にバツ印がついていますが、
木内氏は2014/11の裁判で違憲判断をしているので、
私個人としては違憲状態という詐欺的判断を下した、
山崎氏、池上氏の2名にバツ印をつけるべきだと思い直しました。
※一人一票実現国民会議の升永英俊弁護士に確認したところ、
木内氏は違憲と判断しているが一人一票でなくても合憲との考えなので、
バツ印をつけているとのこと。

最高裁判所裁判官に対する国民審査。
選挙のついでに裁判官にバツ印をつけるという、
完全に制度が形骸化しているアレのことだ。
今までこれにより罷免された裁判官は一度もないという。

政治権力以上にすさまじい権力を持っているのが司法。
中でも最高裁判所の判決は社会に重大な影響を及ぼす。
憲法の番人とも呼ばれ、政治の暴走を止めることができる、
数少ない機関でもある。

憲法の番人であるはずの裁判官がだよ、
法の下の平等をうたった日本国憲法に対する重大な違反をしている、
一票の格差問題について、違憲と断じず、
「違憲状態」などという責任逃れの詐欺的造語を生み出し、
政治の暴走を食い止める職務を放棄し、
憲法の番人であることを放棄し、
憲法違反を容認している犯罪的裁判官がいる。

次の5人の裁判官が選挙で審査の対象になるが下記バツ印をつけた2人が、
先月行われた裁判でも一票の格差を容認し、
違憲状態という名の実質合憲判断を下した、腐った裁判官である。

鬼丸かおる
木内道祥
池上政幸×
山本庸幸
山崎敏充×

憲法違反を容認し、政治の暴走を追認するこの2人に、
ぜひともバツ印をつけ、国民がバカでないことを知らしめるべきだ。
もしどちらかが国民審査によって罷免されることになれば、
今回の衆議院選挙が憲法違反であると訴えられる裁判において、
判決内容に大きな影響を及ぼすだろう。
場合によっては、今回の衆議院選挙が無効でやり直しになる可能性も出てくる。

一票の格差の何が問題か。
お隣の人が2票投票できて自分が1票しか投票できない。
これってどう考えてもおかしい。
でもおかしいまま何十年も選挙が行われ、
しかも自民・公明安倍政権は、前回の解散時に、
民主・野田首相と議員定数削減を約束したにもかかわらず、
約束を守らなかった。

何が日本国憲法を世界遺産だ。
何が日本国憲法は素晴らしい憲法だ。
憲法は守られていない。無視されている。
政治家によって。
しかもそれに警告を与えるべき最高裁判所が、
憲法違反を容認するというとんでもない犯罪行為を行っている。

今度の選挙で国民がバカでないことを示そう。
そのために、憲法を守らない裁判官、山崎、池上にバツ印を。

国民の力で裁判官を罷免することができれば、
政治は大きく変わるだろう。

次の選挙で最も重要なのは裁判官審査!政治の暴走を許す職務怠慢裁判官にバツ印を!_e0171573_9545850.jpg

※一人一票実現国民会議HPより「木内氏」のバツ印を消したもの

※12/6追記
最高裁の広報に電話し、木内氏に取材を申し込みましたが断られました。
違憲状態ではなく違憲判断をしていながら、
なぜ一人一票実現国民会議でバツ印がつけられているのか、
一人一票についての考えを、書面でも電話でも構わないので教えて欲しいと問い合わせましたが、
取材を拒否されてしまいました。
やっぱり一人一票には消極的なんですかねと思い、
木内氏にもバツ印をつけた方がよいのか悩み中です。


<お知らせ>
・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在11名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン5」が11月末に完成。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

by kasakoblog | 2014-12-02 19:12 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog