人気ブログランキング | 話題のタグを見る

置き忘れた昔の想いがあるなら今すぐ取り戻しにいけばいい

置き忘れた昔の想いがあるなら今すぐ取り戻しにいけばいい_e0171573_1235528.jpg
本当はこうしたかった。
誰にでもある過去の願い。
いや過去ではなく現在も進行形。
いつかしたいと思っていたことを、日常に流されるまま後回しにし続けて、
そのせいで心のどこかに「いつかしよう」という想いだけが残る。

だから心が晴れ渡らない。
どこか心の引っかかりがある。
そんな思いをぐっと心の奥底にしまいこもうとすればするほど、
その思いは過大な妄想となり、願望は肥大化し、
実現できないことの悩みが大きくなり、自分を苦しめることになる。

だから、置き忘れてきた過去の想いや願いがあるなら、
ずっとしたいと思い続けていることがあるなら、
できるようにするための段取りを今すぐした方がいい。
そしてその想いを現実に叶えることができれば、
心のひっかかりはなくなり、また新たな人生を歩むことができるだろう。

今から16年前。
1999年。私が24歳だった頃のこと。
私は会社を辞めてアジア放浪の旅に出ていた。
日本を出発して2ヵ月半が過ぎ、インドのバラナシに到着した。
ずっと行きたかったインド。
でも長旅ですっかり好奇心を失い、疲れ果て、
インドに入ってからは下痢に襲われ、
もはやまともに観光する気力は残っていなかった。

まだこれからインド各地を旅し、
パキスタン、イラン、トルコを旅する予定だったが、
疲れの限界を感じ、旅を切り上げ、
当初の予定よりも3カ月早く、日本に帰ることにした。

多分、その時からずっと、
もう一度、バラナシに行きたいという思いが、
心の奥にひっかかっていた。

好奇心が摩耗し、きちんと見れなかったバラナシにもう一度行きたい。
ガンジス河を見たい。ガンジス河で沐浴している人たちを見たい。
行こうと思えば難なく行ける場所だったが、
後回し後回しにしてきて、今回やっと16年ぶりに再訪することができた。

16年前に泊まったガンジス河沿いの安宿はまだあった。
懐かしいという思いが込み上げてくる。
あの時、私はまだ何者でもなかった。
大学を卒業し、会社に就職し、営業成績もよかったのに、
2年で会社を辞めてしまった。

今まで高校進学でも大学進学でもエリートコースを歩んでいたはずだった私が、
まさかドロップアウトするとは夢にも思わなかった。
ライターの仕事をしたい。カメラマンの仕事をしたい。
好きではない仕事から足を洗い、好きな仕事をしよう。
そのためにも、その前に好きな旅行を思う存分しようと思い、旅に出た。

会社を辞めてしまったけど、
果たしてもう一度、仕事につけるのだろうか、
不安で不安で仕方がなかった。

バラナシの安宿で旅する気力を失い、
部屋で寝ていた24歳のあの時の私に向かって、
今年40歳になる私から声をかけたい。

あなたの夢は叶ったよ。
念願の本も出版できた。
写真集まで出せた。
トラベルライターの夢も叶った。
仕事で海外を飛び回り、海外取材が仕事になるようになった。
フリーランスにもなれた。

24歳の私は不安で不安で仕方がなかった。
でも夢をあきらめたくなかった。
好きを仕事にしたいと思った。
でもどうすればいいのかわからなかった。
早く夢を実現したいと焦りに焦りまくっていた。

でも大丈夫。
あなたは自分の予想をはるかに超えるぐらい、
素敵な人生を歩んでいる。
もちろん、いろんな葛藤や悩みがあり、
すぐにしたいことができたわけではないけれど、
24歳の時には想像もしなかった楽しい人生を歩んでいる。

置き忘れた想い。
あの時の自分。
昔の自分に戻ることはできないけれど、
思い出の場所に戻ることで、昔の自分を思い返すことができる。

なぜずっとバラナシに行きたいと思い続けたのだろうか?
それはきっと突如、旅の計画を切り上げてしまった場所だったからかもしれない。
日本に帰れば、現実と向き合わなくてはならなくなる不安なかつての私。
そんな私を安心させるために、このバラナシに行きたかったのかもしれない。

何者でもなかった自分が夢を叶えることができた。
だからこれまでの歩みは間違っていなかった。
そうやって過去の自分に言い聞かせる旅なのかもしれない。

置き忘れた思いを取り戻す旅。
ずっとしたいと思うことがあるなら、なるべく早く実現した方がいい。
心のひっかかりがあなたの行動を鈍らせている。
あなたの心を曇ったままにしている。
でも置き忘れた想いを叶えれば、次の一歩に進むことができる。

あなたがずっとしたいと思っていることは何ですか?

すぐにできなくてもいい。
できるように段取りすることを今から始めればいい。
そうすることで、きっと心に晴れ渡る青空を取り戻すことができるはず。

私は今バラナシにいます。
もうすぐ日本に帰ります。
24歳の私のように、くすぶっている人たちに、希望と勇気と武器を与えたい。
だってバラナシの安宿で寝たきりになっていた、
何者でもないこの私ですら、夢を叶えることができたのだから。

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

by kasakoblog | 2015-01-10 12:03 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog