人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!

ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23152524.jpg
※写真は私がアマゾンで買ったラジコンヘリ。なんと7200円という安さ

善光寺の御開帳の最中にドローン(小型の無人飛行機)が落下するという事故が起きた。
幸いにしてケガ人はいなかったようだが、もし人がいるところに落ちたら、
下手したら死亡事故につながりかねない。
しかし現状ドローンは野放し。
首相官邸にドローン落とされても気づかないという、
政府の危機管理能力を疑うマヌケな事態も先日あったが、
簡単に手に入り、誰もが使えてしまうドローンは、今後大きな問題となりそうだ。
ちなみに善光寺の事故の犯人は15歳の少年だったという。

とはいえ、小型の無人飛行機=ドローンを使って上空から撮影ができたら、
とてつもないすごい映像が撮れる!とは誰しもが思うこと。
一昔前なら、空撮するには莫大な費用がかかったわけだが、
最近では小型無人飛行機=ラジコンヘリ&撮影機材が格安で、
しかもネットで簡単に手に入る時代になり、
撮影、映像制作する側にとっては夢のような時代になった。

カメラ撮影も動画撮影もする私にとって、空撮は大きな魅力。
そこでアマゾンで試しに安いのを買ってみたのだが、ただ今まで使った試しがない。
なぜなら「落ちたらヤバイよね」と考えたら、とてもじゃないけど使えないからだ。

先日、音楽ライブを空中から撮影する機材を持ち、
実際に名だたるアーティストのライブでの空中撮影を行っている、
株式会社ロケットの空中撮影練習現場を訪れた。
それがすごいんです。何がすごいって大掛かり!
ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23125135.jpg
ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23124158.jpg

空中撮影といってもドローンのように、空中に飛ばすわけではなく、
会場の天井に滑車を設置し、4点吊してカメラを動かすという撮影システム。
滑車を設置するのも大変。4点吊するのも大変。
しかもちゃんとバランスよくカメラがスムーズに動くよう、
測量士まで呼んできて、距離を測るほど。
ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23131876.jpg

ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23131340.jpg
ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23135729.jpg

この撮影システムはロシア製で、ロシアの会社から、
株式会社ロケットが特別に使用ライセンスを取得したという。
このため、撮影テストにはロシアから専門スタッフが来日し、
日本人スタッフをトレーニングするという気合いに入れようだ。

当然、大掛かりだから、ライブやスポーツイベントで、
この撮影システムを導入したら相当な金額がかかる。
その時、私はふと思ったわけです。
「別にここまで大掛かりなことしなくても、ドローン飛ばせばいいんじゃね」と。

でもそんな甘い考えは、株式会社ロケットのスタッフを取材し吹き飛んだ。
「ライブやスポーツイベントで使うわけですから、
万が一、機材が落ちたら大変な事故になってしまう。
だから測量士まで入れて念には念を入れ、安全に配慮した撮影システムになっているです」と。
なるほど。確かにそうだ。
ドローンではなく4点吊撮影システムなのは、安全面から必要なことなんだなと。

実際に株式会社ロケットが空撮したライブ映像を見せてもらったけど、すごいんです。
今までのライブ映像では見たことのない迫力。

もしかしたら今後、技術がいろいろ発展し、
ドローンの安全性が向上し、誰もがいろんな場面で、
ドローンを使えるようになるかもしれないけれど、
最近、たびたび目にするようになったドローン落下事故を見ると、
「ライブもドローン飛ばせばいいんじゃね」なんていうのは、結構難しいことなのかもしれない。

撮影する側としてはドローンで空撮したいと思うが、
それこそ観光名所で大勢の素人たちがドローン飛ばしたりなんかしたら、
落下事故はもちろん、衝突事故なんかが頻発する恐れがあるからだ。

まだ規制があるわけでもなく、誰もが簡単に使えるものだけど、安全面には十分注意してほしい。
操作ミスで誤って落として人が死んでしまうようなことになれば、
被害者の人生だけでなく、自分自身の人生も終わってしまうから。
ドローン落下事故が相次ぐ中、音楽ライブの空中撮影はすごいことになっていた!_e0171573_23143364.jpg

それにしても4点吊撮影システムはすごい!
屋内にせよ屋外にせよ、空撮は免許制などにして、プロに任せた方がいいと私は思う。

・特殊撮影機材を取り扱う株式会社ロケットのホームページ
http://www.rocketjapan.com/
※スタッフも募集中!→採用概要

<お知らせ>
・好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術地方講義ツアー開催一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22966614/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込17名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・6/11より大分・中津でかさこ塾8期生募集開始。定員20名、申込11名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23009236/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

by kasakoblog | 2015-05-10 23:15

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog