人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タモリ「夢があるようじゃ人間終わり」=「夢中なことしてない人間は終わり」ってことでしょ

タモリが夢を持つ生き方を否定「夢があるようじゃ人間終わりだね」
という恣意的な見出しで注目を集めているのがライブドアニュースの記事。
http://news.livedoor.com/article/detail/10097785/

最近はみなろくに記事の本文も読まず、
SNSで回ってきた記事の見出しだけ、
ニュース記事の見出しだけで判断する人が増えているので、
多くの人が「ほら!夢なんてそんなもん持たなくてもいいんだよ!
タモリさんだってそう言ってるじゃないか」と思ったのではないか。

しかしこのライブドアの記事をよく読んでみると、
「夢を持つ生き方を否定」というのは誤解がある。
記事本文には、

タモリによると、一芸を成し遂げた人は、何かに夢中になっていただけのことだという。
「そういう人たちは夢を持ってやってたかっていうと、そうじゃないよね」
と鋭く迫っている。


と書かれている。

これを読んで、なんだー。と思うわけです。
やっぱり誤認させる見出しだったんだなと。
夢を持つなとか、夢をあきらめろとか、夢を見るなということではなく、
夢を持たなくても、寝食忘れて夢中になっていることをやれば、
いわゆる世間でいう「夢」は叶うってことを言ってるだけなんじゃないかと。

ただどうもこの記事を見てもしっくりこないので、
この記事のネタ元となっている5.10放送の「ヨルタモリ」の映像を見た。
すると余計にこのライブドアの記事が見出しだけでミスリードしていることがよくわかる。

そもそも夢を持ってがんばって生きることを否定しているのはSMAPの草なぎ剛さん。
そりゃ、小さい頃からアイドルとして活躍しているんだったら、
夢もくそもなく、ただ小さい頃からやってたらトップスターになっちゃったわけだから、
夢を持つもくそもないと思うのは彼の立場なら当然だけど、
それを一般化するのはおかしいんじゃないかと思うわけです。

ただそれを受けてタモリさんが「夢があるようじゃ人間終わり」って話をした後に、
非常にいいこと言ってるわけです。

夢じゃないんだよ。やってるだけの話。
好きでやっててこうなっているだけの話で。
好きでこれおもしろいなおもしろなで、みんなやっている人がこういう風になってる。
その人たちは夢を持ってやってたかっていうとそうじゃないんだよ。

この発言を聞いて、「夢があるようじゃ人間終わり」なんじゃなく、
「夢中なことしてない人間は終わり」ってことなんだなと思った。

寝食忘れて熱中できることをやれ。
それが私の言う「好きを仕事に」するための第一歩。
そこに邪念や野心はない。
ただただ自分がおもしろいから夢中になってやっている。
夢中になってやっていたら、いつのまにか人よりすごい力がつき、
いつしかそれが仕事になった。
これぞ「好きを仕事にするセルフブランディング術」そのものだと思う。

夢を持たなくてもいい。夢中なことをしろ!
そうすれば夢は叶う。
ようはそういうことではないか。
つまり「夢があるようじゃ人間終わり」って見出しだけみて、
「別に夢なんか持たなくてもいいのよね」
なんて自分の人生に言い訳している場合ではない。

ただ「夢があるようじゃ人間終わり」って発言の裏には、
ようは間違った夢や間違った目標を設定している人が多いからではないか。
端的にいえば「なりたい」ことと「したい」ことは違うということ。

例えば、プロ野球選手になりたい。
これは夢じゃない。
そんな夢持つから、タモリさんのいう
「夢があるようじゃ人間終わり」ってことになるんだと思う。
だってそうでしょ。プロ野球選手になることが夢だったら、
なっちゃったらそれで終わり。

本当の夢は「プロ野球選手になりたい」ではなく
「プロ野球選手になって活躍すること」だったり、
「好きな野球を続けて一生食べていける」とかそういうこと。

ようはね、~~になりたいっていうのは夢じゃないの。
社長になりたい?
なってどうすんの?
なりたいならなれば。
なってでもそれで終わっちゃうでしょって話。

メジャーデビューしたい?
すればいいけど、それでどうするの?
できるかもしれないけどデビューしてそれで終わり?

カメラマンになりたい?
なりたいなら今すぐにでもなれる。
今、カメラマンですって名乗ればいいんだから。

本当の夢ってのは「~~になりたい」っていうのではない。
「~~がしたい」が夢であって、その手段としてどんな職業を選ぶかに過ぎない。
手段としての職業を夢と勘違いするから、
「夢があるようじゃ人間終わり」って話になるんだと思う。

夢中になることをしろ。
好きなことをしろ。
そうすればなりたい職業に結果としてつけるだろうし、
なれて終わりではなく、なれてからも活躍できる。
そういうことをタモリさんが言いたかったのではないかと。

私は好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術講義をしているのだが、
講義で言っていることは、くだらないことでもいいから、
金になるかならないかとかではなく、好きなことをテーマにブログで発信しろ、
という話をしている。
私は100億円もらったとしてもブログの毎日更新をやめない。
なぜなら好きだから。
100億円もらったらやめたなんて思うことは好きなことではない。

ゲームでもいい。漫画でもいい。異性にモテたいでもいい。
金をもらわなくても寝食忘れて夢中になれることを続けて、
それをネットで情報発信し続けなさい。
そうすれば5年、10年たてば、好きが仕事になってる。
そういう話をしている。

あなたに夢中になれることはあるだろうか?
本当は誰にでも夢中になれることがあるはず。
くだらないことでもいい。
ただそれを忘れているかブレーキをかけているだけだ。
できないと思い込んでいるだけだ。

夢中になれることをテーマにブログで毎日情報発信すれば、
好きなことが仕事になる。人生楽しくなる。

ほんとね、冗談ではなく、
火山噴火や大地震や隕石落下や戦争で、
いつ死ぬかもわからない時代に、
今を大切に生き、夢中になれることを大切に生きれば、
人生今よりはるかに楽しくなると思う。

<お知らせ>
・好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術地方講義ツアー開催一覧
http://kasakoblog.exblog.jp/23104100/

・6/2より「かさこ塾」7期生募集開始。定員20名、申込17名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・6/11より大分・中津でかさこ塾8期生募集開始。定員20名、申込12名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23009236/

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

by kasakoblog | 2015-05-12 22:34 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog