イベントやセミナー集客したいなら直前や当日も告知すべき3つの理由

1:直前、当日になって来れる人がいるから。
2:ドタキャンや直前キャンセルが
出る可能性があるので
その穴を埋められるから。
3:ギリギリまで迷っている人がいるから。
だから直前や当日もしっかり
イベントやセミナー告知をした方がいい。

イベントやセミナー告知は
2カ月~1カ月前に出すのが一般的。
早く出しすぎても忘れられちゃうし
1カ月をきってしまうと
予定が入ってしまっている人も多いので
内容にもよるけど
2カ月~1カ月前に告知記事を
出すのが一般的だ。

でもその告知だけで済ませてしまう人が
いかに多いことか。
そんなんじゃダメダメダメ。
だからちゃんと集客できない。
2カ月~1カ月前に告知記事を出したら
その後も、手を変え品を変え切り口を変え
イベント告知はしつこくなりすぎず
でもしっかりタイミングを見ながら
何度もしていく必要がある。

なぜならはじめの告知記事を
見てない人もいるだろうし
イベントやセミナーのおもしろさや
必要性を訴えていかないと
興味があっても来てくれないからだ。

だから何度もブログやSNSで告知をする。
ただ直前や当日にこんなイベントあるので
来てねと告知する人はあまり多くない。
それはもったいなさすぎる。
1日前や当日もしっかり告知すべきだ。

理由は上記に挙げたとおり
1:直前、当日になって
来れる人がいるから。
予定って直前や当日になって
変わる人も多い。
そんな時に告知記事を見れば
「今日予定なくなったから
こっちに行けるかも!」
という話になる場合もある。

そんな時にイベント概要を
知らせてあげたら親切。
相手は告知記事を探さずに
それを見て行くことができる。

また今までの告知記事を
見逃した人でも
直前や当日の告知記事によって知り
こんなのがあるなら行こう!
という人もいる可能性がある。

ちなみに先日京都でかさこ塾フェスタ
というイベントを行った当日
ブログで今日あります記事を載せたところ
それを見て来てくれた人もいた。
当日も意外と告知は大事なのだ。
いわゆる「ドタ参」を呼び込めるから。

2:ドタキャンや直前キャンセルが
出る可能性があるので
その穴を埋められるから。

どんなイベントやセミナーでも
直前キャンセルやドタキャンは
つきものだ。
自分勝手なキャンセルする人だけでなく
体調不良、子供などの家族の事情、
仕事の関係などやむなく
ドタキャンせざるを得ない人は
一定数発生してしまう。

だから直前や当日もしっかり
告知した方がいい。
8割ぐらい埋まっているから
もう告知しなくてもいいかと思ったら
何人もキャンセルが出ることもあり得る。

キャンセルポリシーを定めておき
直前キャンセルはキャンセル料を
もらえたとしても
当日に空きがあるのはもったいない。

だから直前や当日も
しっかり告知した方がいい。

ちなみにかさこ塾の場合
東京などではあっという間に
満席になるのだが
キャンセルポリシーがあっても
直前キャンセルする人もいて
思わぬ空きが出ることも多いので
満席になっても
キャンセル待ちの告知もしている。
満席で入るのは無理かと思ったのに
キャンセル待ちで意外と入れる人もいる。

3:ギリギリまで迷っている人がいるから。
こういう人も多い。
そんな人を後押しするなら
直前や当日の告知記事が大事。
そういう人ってギリギリにならないと
決められない。
でもギリギリに告知記事がないと
「あーもう締めきったのかな」
と思ってあきらめてしまうケースも。

だから直前や当日も
まだ申込みできますよと
しっかりアピールすると
直前になって来てくれる人もいる。

かさこ塾の場合、地方はその傾向が
非常に強い。
大都市圏では人口も多く
競争も激しいので
いち早く申し込まないと
満席になってしまうので
早めに申し込む人が多いのだが
地方はわりとのんびりしている。

仙台かさこ塾開催時は
2日前~1日前に5人も
申込みがあった。
鹿児島かさこ塾開催時は
当日の朝、申込みメールがきた
こともあった。
富山かさこ塾にいたっては
会場に直接来て
「空いていたら入りたい」
という人もいた。

そんなこともあり得るので
地方開催の場合は
わりと直前までしつこく告知をしている。

・・・・・・・・・・・
以上がイベントやセミナー集客のために
直前や当日も告知すべき3つの理由。
意外と直前当日告知をしない人が多く
1週間ぐらい前で
満席になってなくても
集客あきらめちゃう人多いけど
それめっちゃもったいないから。

特にイベントなどで何人来ても
大丈夫なものなら
直前や当日もしっかり告知すべき。

イベントの主催者や出展者、
セミナー主催者などは
直前も当日もまめに告知を
していきたい。
そうすれば満席、盛況のイベントや
セミナーになるだろう。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ音楽ページ
http://mv.kasako.jp/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。



by kasakoblog | 2016-11-04 08:47 | セミナー運営

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog