人に信用されるためのたった1つのポイント

好き嫌いをはっきり言うこと。
良いものダメなものをはっきり言うこと。
つまり正直になること。
正直なら人に信用され
困ったことがあったら助けてくれるし
何かあったら人やお金や情報が
集まってくる。

こんな当たり前のことができないんです。
なぜなら多くの人は
人に嫌われないように嫌われないようにと
ダメなものでもダメといわず
嫌いなものでも嫌いといわず
上っ面でネットでもリアルでも
発信・行動しているから。

いい?
人間なんだから好き嫌いがあって当たり前。
人間なんだからジャッジして当たり前。
私はこれは好きだけどこれは嫌い。
私はこれはよかったけどあそこはダメ。
好き嫌いがあって当然なのだ。

にもかかわらず。
集客のためとかお客さんのためとか
仕事上の関係だとか地域のつながりだとか
ママ友の関係だとか
もっともらしい言い訳を言い続け
はっきり自分の意見を言わない。
言わないどころかウソをついている。

「だって仕方がない。
しがらみがあるから」
っておまえがしがらみ作ってるんだろうが
って話。

みんながみんな本音を言わず
イヤなのにイヤと言えず
イヤイヤ付き合っていて
誰も幸せにならないという。

ましておバカなコンサルや講師が
ネットでは悪いことは書いちゃいかん、
いいことしか書いちゃいかんとか
ウソデタラメ教えていて
それを真に受けちゃうから
だから誰にも信用されないし
上っ面で発信しているから
上っ面のウソつき客しかこないし
結局は自分と価値観の違う
客ばかりが集まって
気を使わなくちゃいけなくて
大変になっちゃう。

バカなんじゃないですか?
そんなバカみたいなことして。

たとえばマスコミや政治家だってそう。
いいことばかりしか言ってなかったら
信用ならないじゃないですか。
これはダメだけどこれはいいって
はっきり言える人でないと
信用できないのは
たとえばマスコミでも政治家でも
利害関係から金もらっている先に
遠慮していいものでもないのに
いいとしか言えなくなってしまう。
たとえば原発とかね。
だから信用なくなるわけです。

人でもそう。
ちゃんと好き嫌いをはっきりさせないと。
よいものはよい、ダメなものはダメって
いわないと。

たとえば私が会社を辞めさせられて
独立するきっかけとなったのは
勤めていた会社の社長の息子の著者を
ネットで批判したから。

でもね。
もし私が社長の息子だからといって
ダメだと思った本を
おすすめですなんていって紹介したら
会社を辞めさせられずに済んでも
読者からの信用は失うわけです。

そういえばキングコング西野氏が
2017/3/27のブログで
こんなことを書いていた。

「その時に、「西野が『1000万円が必要』
と言っているのだから、
本当に1000万円が必要なんだな」と
信じてもらうことが大切で、
その信用は普段の生活の
積み重ねだと思います。

美味しいモノを「美味しい」と言い、
不味いモノを「マズイ」と言い、
好きな人に「好き」と言い、
嫌いな人に「嫌い」と言い、
得意な仕事をやり、
苦手な仕事は他人に譲り、
空気を読んで水を差し、
たとえ一人でも意見する
…そういった日頃の積み重ね」

http://lineblog.me/nishino/archives/9269222.html

まさにその通り。
正直に言うから信用される。
もちろん好き嫌いは分かれるだろう。
でも好き嫌いは分かれていいんです。
ウソをつく人間より
よっぽど信用できる。
気を使ってお世辞を言ったり
表面ではいいといいながら
陰で悪口言っている人より
はるかに信用できる。

だから正直な人が
何かをしたいっていったら
人が集まりお金が集まり
いい情報が集まるんです。

みなさんの信用力=正直力は
大丈夫だろうか?
気を使って発信しなきゃとか
仕事先に影響があるかもとか
ウソを言ってはいないだろうか?

もちろん嫌いなことを嫌いという時
言い方も大事でね
何もわざわざ人を傷つけるような
言い方をする必要はないけれど
でもはっきり自分の意見は
表明した方がいい。
いいものはいい。ダメなものはダメと。

ぜひみなさんの発信を見直してほしい。
お世辞や気を使った発信や
本音を隠したキラキラ投稿してたって
誰も信じてもらえないから。

今の時代に必要なのは正直なこと。
上っ面でごまかしても気づかれる。
ネットでうまく発信した気になっていても
わかるって、見る人がみれば。

だから正直に発信すること。
いいものはいい、
ダメなものはダメということを
忘れてはならない。

※好き嫌いであって
正しいとか正しくない
の問題ではないのと
何かを批判する場合には
きちんとした根拠が
必要ことは言うまでもない。
その辺を勘違いするバカが
時々いるので注意したい。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ音楽ページ
http://mv.kasako.jp/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。



by kasakoblog | 2017-03-27 21:31 | セルフブランディング

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog