新聞や雑誌の中面を撮影してネットに載せたら泥棒だからやめた方がいいですよ

有料で販売されている
新聞や雑誌の中面を撮影ないしスキャンし
一文字一文字記事内容が読めるような形で
ネットで掲載している個人がいるけど
犯罪だからやめた方がいいですよ。

結構よくみかけるけど泥棒ですから。
なぜかわからない?
新聞社や雑誌社は何でおまんま
食べてるんですか?
新聞や雑誌を買ってもらって
食べているわけでしょ。

それを誰もが読めるよう
ネットで公開してしまうというのは
どれだけ無名な個人だろうが
泥棒と同じですから。

記事を読めるようにネットで公開したら
新聞や雑誌を買わなくても
読めちゃうわけで
そしたら新聞社や雑誌社の人は
食えなくなってしまう。
購読料より広告収入の割合が大きいとはいえ
広告だって購読数が減れば
効果がなくなるわけだから
いわばネットで載せちゃっている人って
お金と手間と労力をかけて
取材、執筆、撮影してきた情報を
万引きしてみんなに無料で公開する
泥棒と同じですから。

個人だからとか
友達限定だからとか
そんな言い訳は通用しない。
泥棒ですから、そこのあなた。

ただよくある勘違いが
自分が取り上げられたので
その紙面を載せる場合。
自分が載ってるんだからいいじゃないかと
載せちゃう人いますけど
ダメに決まってんちゃないですか。

たとえばですよ
ミスチルの桜井さんが
雑誌でインタビューを受けたので
その該当ページをネットで公開したら
誰も買わなくなってしまう。

無名の個人だって同じこと。
あなたが公開したら
あなたの知人は買わずに読めてしまう。
そしたら新聞社や雑誌社は
収入が減ってしまうわけで
そしたら取材ができなくなり
良質なコンテンツや情報を提供できなくなり
最終的には潰れてしまう。

つまり自分が載っていようがなんだろうが
無料で公開しちゃうっていうのは
いかに罪深いことをしているかが
わかると思う。

もし載せたい場合は許可をとり
利用料を払って載せることになる。

ただ最近は紙面だけじゃなく
メディアのWebサイトに該当記事が
掲載されるのでそれをシェアしたり
リンクを紹介するのはよい。

ただたとえばその全文をコピペして
ブログやSNSにはりつけたらダメ。
あなたが取材されていようが
あなたが写っていようが
書いたのは記者であり
撮影したのはカメラマンであり
編集したのはメディアなんだから
自分が取り上げられていようが
それをまるまるコピペしたら
万引き犯と同じですから。
リンクを紹介してください。

引用という形で一部を利用するのは
引用のルールに沿えばOKだけど
記事ページをまるまる写真に撮影したり
スキャンしたりして
載せちゃうのは犯罪ですからやめるように。

みんなやっているから
いいじゃないかって思わない方がいい。

・覚えておきたい!ネット上で
文章の引用をしてOKな6つのルール
http://kasakoblog.exblog.jp/23060660/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ音楽ページ
http://mv.kasako.jp/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。



by kasakoblog | 2017-04-09 19:22 | ネット

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog