人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アーティスト志向なら他人を気にせず自分の世界観をぶっぱなせよ〜クリエイターとアーティストの違い

クリエイターとアーティストの違いが
わかっていない人が多い。
どっちでいくのかで活動は大きく変わる。

クリエイターとは自分のスキルを売り
お客さんに役立つ作品を作ってあげること。
アーティストとは売れる売れないに関係なく
お客さんの意向は無視し
自分が作りたいものを作ること。

どっちでいくのか?
その両方なのか?
ちゃんと決めないと。

たとえば写真。
撮影技術を武器にして
プロフィール写真を撮影したり
企業の写真を撮影したり
家族写真を撮影してあげたりするのが
クリエイターとしてのカメラマン。
お客さんを喜ばせるための写真を
撮影していくのが仕事だ。

写真でアーティストタイプでいくなら
たとえば、俺は廃墟が好きなんだ!
マンションとか住宅写真なんて
撮影なんかしたくねえ!
俺は廃墟だけを撮影するみたいに
自分のマニアックな趣味にはしり
写真を撮りためていく。
当然、仕事にはなりにくい。

カメラマンの多くはその両方が多い。
クリエイターのカメラマンとして
普段は金になる撮影仕事をして
その資金を使って、お金にはなりにくい
趣味の撮影をして
赤字になってもいいので
写真展をしたり自分で冊子を作って
配布したりする。

でも撮りたくもない写真を
撮りたくないのなら
ライスワークは別の仕事にして
そこで稼いだお金で
ライフワークとしての
アーティストの写真を撮影すればいい。

もちろんアーティスト的な写真だって
仕事やお金になる可能性はある。
でもなかなか難しい。
じゃあどうするかっていったら
1:ライスワークで資金を稼ぐ
2:スポンサーをみつける
3:突き抜けた作品で圧倒させる
の3つぐらいしかない。
2と3は当然難しいので1が現実路線だ。

写真に限った話だけじゃない。
文章でも動画でも絵でも漫画でも
音楽でもデザインでも
アクセサリー作りなんかでもそう。

自分の作りたい作品だけを生み出していく
アーティストになりたいのか。
それともお客さんを喜ばせるための
商品づくりをするのか。
それとも両方ならどうバランスをとるのか。

でももしあなたがアーティスト志向なら
中途半端なクリエイター的発信など
やめた方がいい。
とことんこだわる。
とことん自分の世界観をぶっぱなす。
圧倒的多数に理解されなくても
自分がいいというものを貫く。

そうした姿勢を徹底して貫くからこそ
アーティストとしての確固たる
世界観が確立され
少数であっても興味を持つ人が
出てくるのだ。

アーティストになりたいなら
中途半端なクリエイター志向はやめろ。
己の世界観を存分にぶっぱなし
凡人とは違う突き抜け感を
出していかなきゃならない。

その覚悟がないなら
アーティストになんてなれない。
それがアーティストなんだと思う。

*どちらが上でどちらが下という
話ではありません。
*私はあらゆる表現は
クリエイター志向でやってます。

好きを仕事にする大人塾
かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ音楽ページ
http://mv.kasako.jp/

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。

アーティスト志向なら他人を気にせず自分の世界観をぶっぱなせよ〜クリエイターとアーティストの違い_e0171573_21164954.jpg


by kasakoblog | 2017-12-17 23:49 | セルフブランディング

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog