無料書籍「好きを仕事にする独立起業」の教科書に込めた私の想い

他人に依存したり甘えたり妬んだり
行動もしないで文句言う人が増えすぎた。

私が優しすぎたからだろうか?

だから。
原点に立ち返り
一匹狼になれ!
一匹狼の集団になれ!
という想いを込めまくった。

嫌われてもいい。
厳しいと言われてもいい。
塾の宣伝は後回し。
塾に来なくてもいい。

とにかく。
世の中にはびこる
依存や甘えや妬みをもつ
弱い心を一掃したい。

文字組レイアウトには
こだわりまくった。
どうやったら伝えられるか。
どうやったら伝わるか。

見開き2ページ作るのに
何パターンも作った。
伝えるにはどうしたらいいか?
伝わるにはどうしたらいいか?

表紙は本人写真をやめた。
自分や塾の宣伝だと
思われたくないから。

自分の宣伝ができなくたっていい。
それよりも「かさこ」を知らない人や
「かさこ」に興味がない人にも
伝えたいと思ったからだ。
だから本人写真を表紙に
載せるのはやめた。

人は弱き心に流れる。
その弱き心を打ち砕き
強い心に生まれ変わるには
どうしたらいいか。
そんなきっかけにしたい
という想いから
こんな冊子ができあがった。

ただ威勢のいい
メッセージだけだと
実践のしようがない。
かといって細かいノウハウを
載せても意味がない。

メッセージ性を強くしつつ
実践的なノウハウを載せつつ
古くならない内容にしたい。

2017年、かさこ塾は
1000人を超えた。
でも。
私はいつでも1人になる。
1人になってもいい。
1000人になろうが
1万人になろうが関係ない。

私は私。
私は私で一匹狼で
それでいて組む必要があれば
一匹狼の仲間を集めて組む。
そんなフラットで居心地のいい
関係性を作りたい。

馴れ合いや甘えを排したい。
独立した個人の一匹狼の集団を
作りたい。
それは塾に限った話ではない。
この社会をだ。
この日本をだ。
そんな想いを込めて作った。

来年のかさこマガジンは
どうするんだ?
これ以上のものは
作れないんじゃないのか?
そんな限界にも挑んだ
文句なく自信ある渾身の作。

すでに手にした方は
読んだだけでなく
書いてあることを実践してほしい。
弱き心が出てきたら
この冊子を読み返してほしい。

できたら感想を聞かせてほしい。
私のメッセージをどう受け取ったのか
私は知りたい。

そしてもし気に入ってくれたなら
ぜひ多くの人に配ってほしい。
追加が欲しければいくらでも
追加で送ろう。

そしてまだ手にしていない方は
ぜひ読んでみてほしい。
無料です。
登録した人にその後、
宣伝メールなんか送らないから。
そんなくだらんことを
するつもりは毛頭ない。

私はこの世の中から
依存や甘えや妬みを減らしたい。
弱き心を減らし
強き心を持つ人を増やしたい。
ただそれだけ。

渾身の一作です。
これ以上ないといえる冊子です。
ぜひ手にとってお読みください。
ぜひ感想をネットに書いてください。
ぜひ多くの人に配ってください。

*ネット紹介時は表示画像と
お気に入りの2見開きまでなら
中身を載せていただいてOKです。

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ音楽ページ
http://mv.kasako.jp/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。



by kasakoblog | 2018-01-15 00:18 | セルフマガジン

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog