週休3日義務化で雇用対策&景気対策

不景気になった途端、ワークシェアリングと騒ぐ、
バカな経団連などの財界や政治家。
ワークシェアリングなんて、もう何年も前に話題になったのに、
円安バブルで景気が良くなったため、
正社員を少なくして過労死させるまで働かせ、
都合のいい派遣を雇い、
「日本企業の経営基盤は強固になった」なんてほざいて、
今まで安穏としていたのがウソのようだ。

財界も政界も本気でワークシェアリングを実現したいなら、
助成金によるバラマキや難しい制度設計なんかせず、
週休3日の義務化と残業禁止をすればいいわけだ。
そうすれば嫌でもワークシェアは実現する。
だって正社員が残業なしで4日間しか働けなくなったら、
他の人に働いてもらう(ワークシェアする)以外にないんだから。

私は何年前から週休3日を提言しているんだけど、
週休3日って、雇用対策のみならず、景気対策にもなる。
定額給付金2兆円配るのに、800億円もかかる、
配るのにも税金を無駄に使う政策なんかしなくても、
景気対策で金曜日や月曜日の祝日を、
今すぐ10日ぐらい増やせばいいんです。

時間や休みがあれば、人間、金を使いたくなるもの。
金がないといいつつ、とりあえず見るだけ、
と思ってショッピングに出かけて、
ついつい使ってしまうなんてことも期待できる。

どうせ不景気で仕事が減ってるんだったら、
週休3日にしても企業は困らないはずだし、
週休3日にする景気対策は、
税金を使わずにできる極めて効率のよい政策だと思う。

100年に一度の危機の本質とは、
自動車が売れなくなったとか、
百貨店が売れなくなったとか、
派遣切りで大変だなんてその程度の問題じゃなく、
単なる数字争いの、右肩上がり至上主義の、
強欲資本主義経済が行き詰っていることに他ならない。

制度疲労を起こし、国民を幸せにしない、
かつての経済至上主義的価値観・制度を、
無理やり維持しようとするから、
国債いくら発行しても足りないし、
従来のように税金を使って何かにばらまくような、
景気対策では一時しのぎで、長続きしないんです。

週休3日の義務化によるワークシェアリングの実現で、
お金にゆとりのある生活ではなく、
時間にゆとりのある生活の実現を。
週休3日の義務化により、
輸出頼みの経済から脱却し(まあ日本はもうすでに脱却してるんだけど)、
内需を喚起する政策への転換を。

ほとんど金のかからない雇用対策&景気対策に、
ぜひこの機会に週休3日の実現を。

今回、1月の3連休があってしみじみ思った。
週に3日も休めるっていいなと。
すごくのんびりできるし体も休まるし、
残り4日で5日分の仕事するぞとか思うし。
正社員の給料が仮に2割減っても、
週休3日の方がいいんじゃないかと、
私個人的には思っている。

不況だから国民から借金し、将来増税し、
その金を国民や中小企業や公共事業や派遣社員に、
ばらまいたところで、何の問題の解決にもならない。
問題の先送りに過ぎない。
週休3日のような、税金を一銭も使わなくても、
できる対策というのを考えるべきだと思う。

by kasakoblog | 2009-01-21 01:52 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog