人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2つの会社勤務をスタンダードに

派遣切りとかリストラが問題になっているけど、
どうして会社から首切られると困るかというと、
当たり前ですけど1つの会社にしか勤務してないから。

そこで私の政策として勧めたいのが、
1人複数会社勤務の推進。

なぜ1つの会社に縛られなきゃいけないのか。
それが諸悪の根源だと思うんです。
1つの会社に生殺与奪の権を握られているから、
サービス残業させられても文句言えなかったり、
パワハラ、セクハラ受けようが、
食品偽装しようが、会社が違法行為してようが、
会社を辞めることもできず、
突然、首切られたら路頭に迷ってしまう。
こんな恐ろしいリスクはない。

日本人は会社がなんでも助けてくれるとか、
会社は未来永劫潰れないとか、
そんな幻想をあまりにも強く抱きすぎる。

会社が潰れることもあるし、
会社はリストラすることもある。
だから、複数の会社に勤めることが、
当たり前の社会になるようになればいいんです。

それはあれですよ、
多重債務者とかによくありがちな、
平日毎日会社勤めした後、
夜のバイトするとか、
体を壊すような2会社勤務制のことじゃない。

たとえば、
月~水の3日間は食品メーカーの営業やっていて、
金・土の2日間はホテルで接客やってますとか、
そういうイメージです。

もしこのように2つの会社に勤務していれば、
どちらかの会社の経営が悪化したり、
首切られたりしても、
とりあえずもう1つの仕事はあるから、
なんとか最低限の収入は確保できるわけです。
その間に、また別の2つめの会社を探す。

メンタル面でも2つの仕事を持つことって、
すごくいいと思うんです。
特にまったく違った仕事をすれば、
気分転換になるし、
違う頭、違う筋肉を使う仕事だし、
視野が狭い業界人間にならないし。

今は、どんな大企業でも潰れる可能性がある。
もしかしたらトヨタだって潰れるかもしれない。
銀行だって潰れてる。
そんな恐ろしい時代に生きている。
自分が勤めている会社が倒産しちゃったら、
人生狂っちゃうわけでしょう。
だから会社勤務を複数にしましょうというわけです。

もちろん、スペシャリスト的職種は、
2つの会社より1つの会社の方がいいかもしれないし、
ライバル会社に勤めちゃいけないとかルールは必要でしょう。
今の企業法制度(たとえば社会保険とか雇用保険など)は、
抜本的に変えないと、そういう勤務体系はできないだろうし。
ただそれは変えればいいだけの話。

政治が雇用対策とか景気対策をするんなら、
一時しのぎのカネをばらまいて、
将来にツケをまわして、
どんどん借金増やして消費税を大増税することじゃなく、
みんなが働けるような、
どこかの業種や業界が潰れても、
みんながひとまずは生活できるような、
たとえばこの複数会社社員制も可能にする、
環境整備をしてやることが大切なんじゃないか。

不景気といってもどの会社もどの業界も全滅なわけじゃない。
なかには好景気の際は見向きもされず、
ずっと人材不足だった業界や会社は、
今なら人が採用できると喜んでいるところもあるし、
不景気になると儲かったり忙しくなる会社や業界もあるわけです。
そういう仕事の分散ができたらいいと思うんです。

1つの会社に勤めるのが当たり前という常識を変えること。
それによって雇用の流動性が生まれれば、
社会はまったく違った形で、
活性化する可能性があると私は思っています。

by kasakoblog | 2008-12-16 13:42 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog