2008年 09月 18日
タバコ税収試算に意味なし。社会保障費削減効果をアナウンスすべし
タバコ税増税すると税収が増えるのか減るのか、
勝手な予測が様々な機関から出ているが、
はっきりいって時間の無駄。まったく意味がない。
なぜなら実際に増税してどうなるかは、
誰にもわからないからだ。

税収が増えようが減ろうがタバコ税は増税するんです。
なぜか。
どっちに転んでも社会保障費増大問題を解決できるからだ。

もしタバコ増税で吸う人が減ったら、
税収は減るが社会保障費は間違いなく減る。
体に悪いタバコを吸う人間が減れば、
病気になる確率が減るからだ。
だからタバコ増税で減収になっても何の問題もない。

もしタバコ増税で吸う人が減らないなら、
社会保障費はそのままだが、増収分で補える。

だからタバコ税は増税するんです。
税収が減るから増税するななんて、
何のために増税するのか、
その目的をわかってない人間のいうことだ。

社会保障費が増えているから消費税20%にしようという
自民・公明を筆頭としたバカな政治家が横行しているわけだが、
社会保障費が増えているなら、その原因の一つとなっている、
喫煙者にそれ相応の負担をさせるのは当然のことだろう。
なぜタバコ吸って病気になった人間の面倒まで、
タバコを吸わない人間が面倒見なければならないのか。
たまったもんじゃない。

それと喫煙者の多くは、
タバコ増税に反対するわけだけど、
喫煙者が反対すればするほど、
余計、反感を買い、タバコ増税世論は高まっていく。

本当にタバコが好きで、
今後もタバコを吸い続けたいなら、
「どうぞ増税してください。
どんだけ高くても私はタバコ好きだから、
吸い続けますよ」と堂々としていればいい。

高いからやめる程度の愛着しかないなら、
ごちゃごちゃいわずにやめなさい。
本当にタバコが好きなら増税ニュースに、
過敏に反応し猛反対しないだろう。


by kasakoblog | 2008-09-18 19:19 | 金融・経済・投資


<< 食品テロリストを終身奴隷刑に      9/15は世界恐慌始まりの日と... >>