人気ブログランキング | 話題のタグを見る

仕事があることの幸せ

なんだかまた最近、忙しくなってきた。
仕事が一段落して、ちょっと暇になるかな、
何しようかなと思っていた矢先に、
新たな仕事がうまいこと舞い込んでくる。

仕事があるって幸せなこと。
なぜって、
仕事がある=他人から自分が必要とされているから。
それによってお金がもらえるというのも、
もちろんあるけど、
誰かに必要とされているって感覚が、
一番うれしいんじゃないか。

失業や無職の何がつらいかって、
お金が入ってこないことだけでなく、
「自分は社会から必要とされてないんじゃないか」
「自分は誰の役にも立てないんじゃないか」
「自分なんかこの世の中にいなくてもいいんじゃないか」
って思ってしまうことではないか。

会社がイヤだ、仕事がイヤだっていっても、
なくなるまではそのありがたさに気づかなかったりする。
だから会社がイヤなら仕事がイヤなら、
すぐに辞めてみればいいんです。
そうすると、一時でも無職のつらい状態を味わい、
会社や仕事のありがたさが身にしみ、
次の仕事選びに真剣になる。

私が無職だったのは24歳の時の約半年間で、
そのうち半分は旅に出ていたから、
無職のつらさみたいなのはそんなには感じなかったけど、
日本にいて職探しをしてなかなか決まらない時は、
ほんとつらくて、
「自分は社会にいらないんじゃないか」
とかマイナス思考に陥ってしまいがちになる。

まあでも人間って結局ないものねだりで、
忙しければ休みが欲しいと思い、
毎日が休みだと仕事が欲しいと思う、やっかいな動物。

でも最近はやっとこの年になって、
仕事があることの幸せを感じることの方が多い。
特に私の場合、技術職的な面があって、
「この仕事、かさこさんに適してるんじゃないか」
って仕事をふってもらえるとすごくうれしいんですね。

なかなか天職に巡り合うのは難しいけど、
どんな仕事でも会社でも働いているうちに、
自然と自分の役回りだとか得意とする仕事とかが、
わかってくるんじゃないかと思う。

でも忙しい時も、目の前の仕事を片付けていくだけじゃなく、
次の仕事につながるような種まき(営業)をしていかないと、
仕事が途切れてしまうこともあるので、
気をつけなければならないんだけど。

忙しさに身をまかせるのはある意味もっともラク。
だって考えなくっていいんだもん。
やるべき仕事を次から次へとこなしていくだけだから。

でも忙しい時こそ考えて仕事することが、
大事なんじゃないか。

未来の種まきも適度にしながら、
目の前の仕事をこなしていければなと思っている。

by kasakoblog | 2009-03-19 23:27 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog