人気ブログランキング |

平日視察お断りの理由

平日視察お断りの理由_e0171573_9213442.jpg
平日視察お断りの理由_e0171573_9214281.jpg
平日視察お断りの理由_e0171573_921504.jpg


地元住民の自発的な活動により、
過疎漁村から人口増に転じた徳島の伊座利地区には、
過疎に悩む全国の自治体などから、
「取り組みを視察したい」という問い合わせが相次いでいる。

しかし視察希望の自治体に対して、
伊座利の推進協議会はこう答えるという。

「平日は対応できないんです。
もし視察したいなら土日に来てください」

この一言で自治体の本気度がわかるという。

「視察に来たいという自治体の多くは、
単に公費を使って、仕事の時間に、
観光旅行に来たいからという可能性が高い。
そんなんじゃ、本気で自治体を活性化させたいとは思えない。
だからわざと平日は無理と断るんです。

『土日でもいいから視察したい』
そのぐらいの気持ちを持っていなければ、
伊座利のような活性化運動はできない」
(推進協議会・草野さん)

いやー、まさに至言。
本質をついた言葉だ。

社会保障費が足りないから消費税増税するしかないといいつつ、
役人が観光旅行するための視察に、
いまだに莫大な金が使われているわけです。
しかしそんな視察したって、
不純な動機で行っているから、何の役にもたたない。

「視察したいなら土日に来い」

休みを潰してまで視察に来たいほど、本気度があるか。
公費に頼らず、時には自分たちの自腹を切ってまで、
地域を活性化したいと考えているのか。
「平日の視察は対応していない」という一言は、
実に見事という他ない。

「伊座利の地域再生は、他の過疎自治体のモデルケースになるのか」
と私が質問したところ、上記のような話をしてくれたのだった。

海の学校や漁村留学制度、漁村カフェなど、
上っ面だけマネしたところで、
住民の覚悟・やる気がなければ、
地域再生を果たすことなどできない。

何をやるかの前に、
本気で地域を再生したいと思っているのか。
その気持ちが何より大事だと、推進協議会の草野さんは言う。

「視察に来た人たちにまずこう質問します。
『本当に地域再生したいんですか?』」

伊座利では行政から見捨てられたため、
地域再生の活動費は、当初は、
住民の持ち出しによって行われていたという。
(現在は国の補助金など、お金が入ってくる仕組みを
うまく活用しているものも多い)

地域再生をやりたいなら、
平日に公費でやる“仕事”ではなく、
休日に自費でやる覚悟が住民にあるかどうか。
住民の自発的活動でない限り、
地域再生などできるはずがない。

何事も気持ちが大事。
気持ちが入ってなければ、
長続きしないし、成功などするわけがない。

本気でやりたいことをしよう。
休日を使ってでも、
自腹を切ってでもしたいことをしよう。
それが人生を楽しむ秘訣ではないか。

そんなことを伊座利の人たちから教えられた。

だから伊座利の人たちに悲壮感はない。
みんな楽しそうな表情をしていた。

伊座利のおっちゃん写真
http://www.kasako.com/0903izarifoto1.html

by kasakoblog | 2009-03-29 09:22 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog