カテゴリ:金融・経済・投資( 157 )

2001年 09月 13日
安否が気遣われる日本企業の皮肉~バベルの塔崩壊~
富士銀行:1兆円
第一勧業銀行:9000億円
日本興業銀行:6000億円
中央三井信託銀行:5500億円
あさひ銀行:5000億円
横浜銀行:2000億円
合計:3兆7500億円

この銀行リストは、神の怒りをかった現代の「バベルの塔」110階という、
驚異のビルに入居していた日本企業のラインナップである。
そしてこの銀行の隣に書かれた数字が何を意味するか、わかるだろうか?
バブルの温床を作ったあげく、今の慢性的不景気の原因を作った銀行への、
不良債権解消のための公的資金導入額である。

この合計金額を村上龍の「あの金で何が買えたか」を参考にするとどうなるか。

砂漠化防止年間費用:1兆400億円
世界最大のニュース番組ネットワーク、CNN:9600億円
途上国の子供すべてに基礎教育:8400億円
パレスチナの復興費用:3600億円
バンコクの空気汚染除去:3000億円
国連予算の完全バックアップ:1200億円
難民への経口補水塩補給:1000億円
アマゾンの森調査・復元プロジェクト:250億円
アフリカ像保護プロジェクト:25億円
モンゴルの寒波緊急援助:15億円
超音波診断装置をチェルノブイリへ:10億円
合計:3兆7500億円

全く皮肉なことだ。
被害にあった企業の大半は、
自らマネーゲームで墓穴を掘って国民の血税を投入した大手銀行ばかりだった。

さてさて日本報道の不思議。
ニューヨーク世界貿易センタービルの倒壊事件を中心とした、
アメリカ同時多発テロが起きている報道では、
テロの概要や背景よりも、邦人の安否ばかりに気を取られている。

「外国で飛行機が落ちました。ニュースキャスターはうれしそうに、
乗客に日本人はいませんでした。いませんでした。いませんでした・・・」
というイエローモンキーの「JAM」を思いだす。

僕はテロを正当化する気は毛頭ない。
しかし悪い事はするべきではない。
どこかでまわりまわって天罰が下るのだから。

ちなみに皮肉なことだが、この銀行の中で一番公的資金を導入された富士銀行の11人の安否が、
まだわかっていないという。


by kasakoblog | 2001-09-13 15:32 | 金融・経済・投資
2001年 09月 03日
まだまだデフレ大歓迎
世界一物価が高い都市は・・・東京
これだけデフレだと大騒ぎしているのに、未だに物の値段は世界一なんですよ。

「痛みを伴う構造改革」という小泉首相に反発する経済界やら野党やらマスコミ。
今だに税金をつぎ込んで景気回復しようという、これまでの悪事を繰り返そうとしている。

消費が落ち込み、物価が下がり、空前のデフレ状況にあるニッポンだが、
もう景気の底はついただとか、これ以上のデフレは危険だとか言う議論は全くナンセンスだ。
今日の新聞によると、アメリカのコンサルティング会社が世界144都市の物価を調査した結果、
今年も世界で一番物価が高いのは東京だったという。

物価が高い。これは害悪である。暮らしにくい。何事にも金がかかる。
その割に給料だけが下げられる。
今まで日本の政治経済は、戦後の復興のために個人より企業や国を優先してきた。
それは一時期まではうまくいったが、高度成長が終わった後は、もうすでに意味のないものとなった。
にもかかわらずその甘い汁にすがりつこうとする旧体制の政治家やら官僚やら企業やらが、
政治にプレッシャーをかけて、国民の税金で自分たちの利益を優先させ、
世界一暮らしにくい町東京を作り上げたのだ。

松屋が牛丼を290円にしてあわてて吉野家が280円にしたところで、
マックのハンバーガーが65円という、多分世界のマックで一番安い価格になっているにもかかわらず、
ユニクロの安いフリースが超人気になったとしても、
依然として東京は世界一物価の高い都市なのだ。

そのくせ銀行金利は史上最低。
これは国民を騙した国家的詐欺といえる。
まだまだしょうもない企業は倒産させるべきだし、バブルで踊った銀行など助ける必要はない。
名目上の景気回復などする必要はまったくないし、消費の冷え込みをむりやり煽る必要性はどこにもない。

デフレ万歳!
未だに高い不動産、住宅費。不公正税制の消費税。無駄な作業のためにかかるコスト高。
どんどんこの期にこの国に沈殿したウミを出すべきだ。
世界一の物価高を誇っているうちはまだまだそのウミが出しきっていない証拠。
小泉がんばれ。
痛みを受けるのは国民より今までいい加減なことをしてきた企業や官僚なのだから。
痛みを恐れる必要は健全な経済行為をしてきた者には全くないのだ。


by kasakoblog | 2001-09-03 15:44 | 金融・経済・投資
2001年 08月 30日
モーニング娘。にみる現代資本主義社会
モーニング娘。の新曲「ピース」で早くも主役交代。
後藤真希という圧倒的人気を誇る主役を早くも交代させ、新メンバーの石川梨華を大抜擢。
交代劇の早さに唖然とさせられるが、これは消費者の半歩先を行くマーケティング思考のなせる技だ。

さらにそれだけにとどまらず、新たにメンバーをまた入れるという。
「え、もう?」と消費者の先を行く展開は、「飽きられる」という強迫観念から生まれたものだろう。
増え続け、常にメンバーを変え続けられなければ生き残れないひ弱な存在。
資本主義の回転の早さを物語っている、メンバーの若年齢化。
今回の新メンバーオーディションの最終候補者の中で最長年齢が15歳という異常な程の若年層へのこだわり。
それはやはり、いかに飽きられることを恐れているかの決定的な証拠なのだ。
完成された大人より、未完成の若い子の成長の分を期待できることから、
その間は消費者に飽きられないとの計算がみえみえだ。

新しい人間を入れることによって、低レベルの中にも競争原理を導入し、危機感を煽る。
今の「自分のため」世代にとって、その向上心を煽るには他人と競わせるのが一番だという、
若い世代の心理を知り尽くした非常に巧妙な手口で、
実力ないグループの人気を保とうと必死に努力している姿がうかがわれる。

今の時代、音楽的にいかにいいものを作っていくかということはさほど重要ではない。
いかにコマーシャリズムに乗せて商品として流通できるものを作っていくか。
そういった観点で徹底的に作られた商品こそがモーニング娘。なのだ。

ずば抜けた才能に満ちた個人ではなく、そこそこのメンバーが集まって組織力で勝負するというスタイルは、実に日本的。
今でこそイチローや中田英寿、宇多田ヒカルなどという圧倒的個人力の持ち主の活躍が光るが、
所詮、日本は圧倒的な個人より集団主義なのである。
そういう意味ではいろんな個性が必要とされ、かわいくて抜群の歌唱力とダンス力を持ったエリート集団ではなく、
サブキャラ、名脇役を織り交ぜたメンバー構成で、バラエティー感・おトク感を消費者に訴える。

セットで買えば安いよ。
モーニング娘。とは、徹底的に現代資本主義経済のマーケティング戦略にのせられた商品なのだ。
つんくは「音楽」プロデューサーなどではなく、金儲け企業の営業企画部長といった役回りに過ぎない。


by kasakoblog | 2001-08-30 15:11 | 金融・経済・投資
2001年 07月 28日
タクシー代(かさこ金融道)
<1>
4500万円の融資を成立させ、その媒介業者は5%225万円の手数料を無事せしめた。
そんなこともあって、その町金媒介業者から、「食事でもどうですか?」という誘いがかかった。
あやしい業者のその手の誘いは今まで断ってきたが、
この業者はいい人そうな人ばかりだったので、ちょっと警戒しつつも行くことにした。

50歳過ぎの町金2人と60歳過ぎのそこの社長と僕の4人で、
夕食ということで焼き肉屋に連れて行ってもらった。
韓国本場の焼き肉屋のせいか、聞いたこともない珍しいメニューがあったりして、
なんかそれだけでもカルチャーショックだった。

ほんと遠慮なくたっぷり焼き肉を食べさせてもらい、当然のごとくおごってもらい、
「じゃあ、次に行きましょう!」と連れていかれたところは、韓国人スナック。
韓国人ホステスに囲まれて、韓国語が飛び交い、韓国語のカラオケが店に響き渡る。
これもまた社会人1年目の僕のとっては、こんな空間があるとはカルチャーショックだった。

夜22時半に2次会が終わり、今日はこの辺でということで、
ことごとくおごってもらったお礼を重ね重ねいう。
すると「かさこさん、家はどこですか?」というので「市川です」と答えると、
「じゃあこれ、少ないですけどタクシー代に」と社長が胸ポケットから封筒を取り出して、僕に押し付けた。

僕はあっけにとられていた。
だってまだ電車もあるし、全然帰れない距離でも時間でもない。タクシーで帰るなんて発想が僕には全くなかった。
「いや、電車で帰れますので」といって封筒を返そうとしたが、どうしてもこれだけは受け取ろうとしない。
あまりにこちらが丁寧に返そうとすると、逆に礼儀知らずのやつといった感じで社長が不機嫌そうな顔をする。

そこで部下の50歳過ぎの一番温和なおっちゃんが、
「かさこさん、これだけは社長の気持ちなんで受け取ってください」というので、
さすがにこれ以上固辞するのは失礼だと思って、受け取ることにした。
「まだ電車で帰れる…」と思いつつも、タクシー代を受け取って電車で帰るわけにもいかず、
タクシーに乗って別れを告げた。

<2>
これが接待されるということなのか…
1年目の若造が、町金のおっちゃんから接待される。なんだか奇妙な構造だ。
それにしてもタクシーなんか乗ったらいったいいくらお金がかかるんだとそればかり心配して、
少ないといっていた封筒をのぞきこんだ。
するとそこには…1万円札が10枚入っていた。

タクシー代にしては多すぎる…。これはまずい。
これでは融資担当者へのバックマージン代わりになってしまう。
これはもらうことは絶対にまずい。とはいうものの今更返すなんてどうやったらいいのだろうか?

一瞬、もうもらってしまって返せないのだから有意義に使わせていただこうかなどという考えも思い浮かんだが、
やはりこの金をもらって使ってしまうにはあまりに恐すぎた。
給料が20万円なのに、こんな形で10万円もらってしまうと金銭感覚が狂う。
それだけではなく、こうして融資が無事成功した時はいいが、
もし融資できなかった時には、逆にこちらが謝罪をしなくてはならなくなる。
これはまずい関係だ…。

タクシーが自宅前に到着し、封筒からではなく自分の財布から料金を払うと、
僕はなんだか憂鬱な気分になってきた。
接待を受けるだけでも相当な問題なのに、10万円現生でもらうのはまずすぎる。
どうにかしなければ。

つづく


by kasakoblog | 2001-07-28 18:23 | 金融・経済・投資
2001年 07月 22日
媒介手数料(かさこ金融道)
<1>
この道20年のベテラン町金、岩山さんが、今日はやけにそわそわしていた。
「かさこさん、今日の取引は間違いなく18時ですよね」と何度も念を押してきた。
そう、媒介業者にとっては、うちが客にお金を受け渡す融資当日が勝負なのだ。
融資の口利きをしたということで5%の手数料をもらいうける。
当然お客さんは借金まみれだから、先に手数料を払うことなどできない。
だからうちの会社の融資が決定し、そのお金の受け渡し日に手数料をすっぱ抜くというわけだ。

なぜここが勝負か?
ただ融資先の紹介をしただけで5%もの手数料を取るのはなかなか大変なことである。
借金まみれの客は一銭足りとも無駄な金は使いたくない。
やっと融資が決まってお金を借りられるのに、そのお金を他にもってかれてしまったら困ってしまう。
紹介だけした媒介業者への手数料をごねるケースが多いのだ。

岩山さんは1時間近くも前にうちの会社に来た。
その異常なほどの早い出現に、ひょっとこ店長が僕を呼んだ。
「かさこくん、今日の融資は18時からでしょう。なんで業者があんなに早くきてるの?」
「いや、なんせ今回は高額な手数料になりますから。客が逃げるのではないかと相当心配しているようです」

一見するとヤクザではないかと思えるほどの強面の雰囲気を醸し出している岩山さんでさえ、
客が逃げるか心配でならないのだ。
岩山さんだけでなく、そこの媒介業者の社長さんからも電話が度々入った。
「かさこさん、うちの岩山もういってますか?今日はよろしくお願いします」

どちらかというと適当で大雑把でいつもはどっしり構えているあの社長が、
わざわざこんな風にして電話を掛けてくるのは極めて異例の事態だ。
たかだか入社1年目の新人22歳のこの若造に「よろしくお願いします」なんて、
今までに何度となく修羅場をくぐり抜けてきた社長が下手に出るのだから。

<2>
なんだか僕は恐ろしい世界に入ってしまったかのような気がしてきた。
もし客が手数料の件でごねたらどうしたらいいんだろう?
でも僕ら融資元はその件に関しては何もタッチしてはならないことになっている。
紹介してもらったのに、その業者を応援しないというのは薄情な話だが、
あまりに融資元と媒介業者が密着していると、逆にうちが手数料の二重取りをしているように見られるからだ。
本当に金融の世界はドライな関係である。

これだけ業者が気にするのには理由があった。
それはここ最近では稀にみる大きな取引だったからだ。
4500万円の融資。手数料は5%で225万円。
バブルが崩壊してからというもの、どこの融資先も融資金額をしぶった。
1000万円前後までなら何とかなるが、3000万円以上だと相当厳しい審査が行われる。
つまり今回の4500万円というのは、僕にとってもうちの会社にとっても、そして媒介業者にとっても、
久しぶりにビックな仕事なのだ。

1000万円の融資で5%の50万円ぐらいの紹介料なら文句をいう客は少ないが、
ただ融資先の口利きをしただけで225万円である。
これはあまりに多いのではないかと客がごねる可能性は十分にある。

またごねる理由がもう一つあった。
本当は客の希望は5500万円であった。
紹介料も取られることを計算し、他の借金を清算したり、他のもろもろのことに必要なお金がこの金額だった。
ところが不動産と客の属性などを考え合わせて審査で大幅に減額されてしまったのだ。
だから客としては1000万円も希望金額に満たなかったにもかかわらず、
225万円しっかり紹介手数料を取られてしまうというのは、かなりきついことだった。
希望金額の融資ができなかったことを理由に、紹介手数料をまけろという可能性は十分にあった。

<3>
客は中年のおばさん。
かなりケバイ感じで男勝りのやり手の雰囲気。女社長という言葉が似合う人だ。
18時になると客が現れた。
岩山さん同席のもと、うちの方の今回の融資の説明をする。

「まず不動産についていた町金A社への抵当権3300万円の借金返済。
第二順位でついていた町金B社への抵当権300万円の借金返済。
消費者金融5社への借金支払いが270万円。固定資産税の未納分80万円。
それからうちの費用ですが、
事務手数料が1.5%で69万円。今回の根抵当権設定の費用として司法書士に60万円。
それから公正証書作成費用に、登記簿謄本代、火災保険質権設定代・・・
ということで残額310万円をお渡ししますのでご確認ください。

客はしっかり万札の枚数を確認する。それが終わるとうちは領収書をもらって融資は完了だ。
「4500万円、13%、240回の契約で毎月のお支払いは52万円となっています。
月のお支払日は15日となっていますのでぐれぐれも遅れませんように。どうもありがとうございました」

そしてここから媒介業者と客との話し合いが始まる。
しかし岩山さんがあれだけ心配していたにもかかわらず、客はごねなかった。
もちろんきっちり岩山さんが5%の媒介手数料の契約を事前に交わしていたこともあるが。

客が帰ると、岩山さんが僕のところに飛んでやってきた。
「かさこさん!やりましたよ!!まったく値引きされずばっちり取れましたよ。
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いしますね!」
といってルンルン気分で帰っていった。

僕は複雑な心情だった。
4500万円もの融資を成立させ、営業成績は不動のトップとなった。
何度も通いつめてうちの会社にお客をやっと紹介してくれるようになった、
取引先である媒介業者との信頼も深まり、今後もお客を紹介してくれるだろう。

でもうちの直接のお客さんはどうなるんだ?
確かに町金A社3300万円を24%で借りていたので、大分負担は楽になったかもしれないし、
客からも喜んでもらえた。
でも・・・。

そんなこと考えていたらだめなんだ。
これは仕事なんだ。金融の世界に金の貸し借りの契約以外に差し挟むべき感情はない。
仕事への満足感を覚えながらも、何か引っ掛かることを忘れようと、融資が終わると僕も会社を出た。


by kasakoblog | 2001-07-22 18:28 | 金融・経済・投資
2001年 07月 06日
かさこ金融道「督促電話」
「もしもし、村岡と申しますが、花山さんいらっしゃいますか?」
「もしもし山田さんですか。アイプルの村岡ですけど」
「あ、どうも」
「どうもじゃないでしょうが。おたく何やっとるんですか」
「何やってるってその・・・」
「おたく今、何日だと思ってるんですか」
「すみません」
「私が聞いてるのは、今日は何日かというとるんです」
「5日です」
「おたくの支払い日は何日なんですか」
「すみません」
「だから私が聞いてるのは何日かというとるんですわ!」

「すみません、1日です」
「4日も支払い遅れて何の連絡もないというのはどないなっとるんですか」
「すみません」
「うちの支払いなめとるんですか。それとも担保にしてる不動産はもういらんってことで連絡しなかったんですか」
「いえ、違います。すみません。ちょっと忙しかったもので・・・」
「忙しかったら支払いしなくていいなんて誰が決めたんですか。契約書のどこにもそんなこと書いてないですよ。
いい加減なこというのもたいがいにせんと、すぐにでもおたくの不動産、競売にかけますよ」
「すみません。すぐ払いますので」

「すぐってことは今日支払っていただけるんですね」
「いえ、その・・・、もう2、3日・・・」
「おたくね、すぐっていうのは今のこというんですわ。2、3日後たったらもう1週間もの遅れですよ。
おたく今の自分の置かれている立場をわかっとるんですか」
「わかってます」
「わかってるんだったら、2、3日後でなく今日支払いしなさんな。今日でももう3日遅れなんですから」
「わかりました。今日払います」
「ほんとに今日払えるんですね」
「はい」
「今日の何時にどこで支払うつもりなんですか」
「いえ、それはまだちょっと」

「おたく、そんなことでほんとに今日支払いできるんですか。もう今日の11時ですよ。
そんなこともわからず、また今日も支払えんかったらお話にならないですよ」
「すみません、今日は無理です」
「どうして無理なんですか?おたくの給料日は25日でしょう。まだ給料入ったばかりじゃないですか」
「それがその他の支払いとかで・・・」
「あのね、うちはおたくの自宅担保にとってお金貸してるんですよ。それより他の支払い優先するとはどない神経しとるんですか。
それとももうおたくは、うちの支払いは不動産売って支払うつもりでおるんですか」
「いえ違います」
「だったらなんで他の支払い優先するんですか。よく考えて支払いの優先順位考えないと大変なことになりますよ」
「すみません」

「だったら今日支払いできないじゃないですか」
「はい、すみません」
「すみませんじゃなくて、支払う方法真剣に考えなさんな。うちは最大限待ってもあさってまでですわ。
それまでに支払わなければ、契約書にのっとって競売かけるなり給料差し押えするなり法的な手段に訴えますよ」
「それだけは勘弁してください」
「だったらなんとかあさってまでにきちんと支払いしなさんな。今回は特別ですよ」
「はい」
「その代わり、来月の支払いからは一日足りとも遅れずうちの支払いしてくださいな」
「わかりました」
「じゃあ、なんとしてでもあさってまでですよ。あさって振込みする時に、連絡必ずください。
その時になってまた待ってくれは絶対に聞かないですからね」


by kasakoblog | 2001-07-06 12:47 | 金融・経済・投資
2001年 01月 18日
かさこ金融道⑦ 役所の怠慢
消費者金融で不動産担保の融資の仕事をしていた時の話。
毎回うんざりするのは、借りる人が驚くほど税金を延滞していることだ。
うちに借りにくる段階で、銀行はもちろんクレジットカードやあちこちのサラ金から金を借りまくっている。
だから税金など払っている余裕はないのである。
税金をちゃんと納めているか役所に行って調べるのが、僕の仕事の一つなのだが、まあ、とにかくひどいこと。
滞納額が100万円を越えるのは日常茶飯事である。

しかしもっと驚くべきことは、これをほったらかしにして、のうのうとしている役所の怠慢さである。
3年近くも滞納し、しかもその額が100万円を越えているのだから、
それを支払わせるようにするのが役所の仕事であるのに、一切そんなことはしないのだ。

なぜか?
そんな面倒なやっかい事をしたくないからである。
税金の未納額が増えれば、本来なら自分たちの給料が減ってしまうはずだが、
税金の回収目標があるわけではなし、未納が増えれば税金をアップすれば済む話として、ほったらかしにしているのである。

よくよく考えればこんなひどい話はない。
税金を滞納している人をほったらかしにしているのは、まじめに払っている人をバカにしているとしか言いようがない。
しかもその滞納者が全く払えないならともかく、不動産を持っているのだから、
さっさと競売かけて売り飛ばして、税金を回収すべきなのである。

まじめに働いて税金を払っている人が不動産を買うことができず、
税金を滞納している人間が、払わずいつまでも不動産を持ちつづけるというのは全くおかしな話だ。
こんなひどいことが、役所で罷り通っていることを知り、僕は愕然とした。
なんていい加減な国なんだろうかと。


by kasakoblog | 2001-01-18 00:47 | 金融・経済・投資